Kristine Dragland & Peter Booth「Walking to walk」[ 1/13(Fri) – 1/23(mon) ]


booth

 

北欧ノルウェー、オスロ出身の現代美術家、クリスティン・ドラグランドとピーター・ブースによる企画展「Walking to walk」を、1月13日(金)から1月23(月)まで開催します。

 

二人は13年間に渡るパートナーシップの中で、個々の作品の類似点やテーマ性を数多く開拓してきました。
クリスティン・ドラグランドは2009年にオスロ国立大学で博士号を取得、脳科学への関心を元に数多くのビデオ・インスタレーションを発表、国外ではPapay Gyro Nights 2016, curated by Janne Talstad, Orkney Islands (UK)など、精力的に制作をしています。

 

ピーター・ブースは経済学を学んでいた傍ら、作家活動を開始。芸術の社会的な位相をテーマに、人間の火葬後の灰を使用した彫像作品「Used to be somebody (2010)」などを発表し、現在に至ります。

 

個人としての活動は勿論、デュオとしての活動に重点を置いた彼らの主なプロジェクト「Karaoke Night(カラオケ・ナイト)」(Demon’s mouth (Norway) 2014年)では、様々な国からキュレーションされた42人のアーティストが、自身の選曲に合わせた背景のビデオプログラムを製作し、ギャラリー空間に設けたカラオケ・クラブ内で、歌を歌わせながら鑑賞体験をさせるといった、カラオケの様式を応用した前例の無いアートの観賞方法を実施しました。本展「Walking to walk」では、彼等の長期にわたる音楽がもたらす心的効果への関心を元に、ビデオ、サウンド、彫刻の各要素を取り入れたトータル・インスタレーションを発表します。

 

尚、本展に寄せて批評家、飯盛希による寄稿「音楽の彫刻――クリスティン・ドラグランドとピーター・ブースの紐帯」が掲載されています。TAV GALLERYでは初の外国人作家となるKristine DraglandとPeter Boothによる「Walk to walk」に是非、ご期待ください。

 

 

TAV GALLERY  STAFF

 

 

作家プロフィール

 

dragland-image

 

Kristine Dragland             www.kristinedragland.com

Born Trondheim 1983
Lives and works Oslo
http://vimeo.com/user24413299

Educational details
2009 Master of Fine Art, Oslo National Academy of Arts, Oslo (NO)
2005 Bachelor of Fine Art, Queensland College of Art, Brisbane (AU)
Exchange Utrecht Hogeschool voor der Kunsten, Utrecht (NL)

Solo Exhibitions
2016 Momently Doing, Noplace, Oslo (NO)
2016 Firehead, Trøndelag Senter for Samtidskunst, Trondheim (NO)
2014 Building a Brain, Fotogalleriet, Oslo (NO)
2012 Koloritt, Galleri Blunk, Trondheim (NO)
2011 There´s a rainbow inside the mind, One Night Only, UKS, Oslo (NO)
2011 Carnival Types and Scenes, Prosjektrom Carl Berner, Oslo (NO)
2010 Gråtoneskala, Akershus Kunstsenter, Lillestrøm (NO)
2008 Cake on your Face, Galleri 21.24, Oslo (NO)

Group Exhibitions
2016 Upcoming, En Kollektiv Psykogeografisk Guide til Oslo, Tegnebiennalen, Oslo (NO)
2016 Open Video IV, via Skogul Gondul, Papay Gyro Nights, Hong Kong (CN)
2016 Papay Gyro Nights 2016, curated by Janne Talstad, Orkney Islands (UK)
2015 Open Video, Space 4235, Genova (IT)
2015 Gong Show, ESXLA, Los Angeles (US)
2015 Open Video, ANX Atelier Nord, Oslo (NO)
2014 Tools of the Trade, Jugglers Artspace, Brisbane (AU)
2014 Summer Slumber Super Salon, Demon’s Mouth, Oslo (NO)
2014 Østlandsutstillingen, Kunstsbanken Hamar (NO)
2013 Brain Faze, Raid Projects, Los Angeles (US)
2010 Next Wave Festival, in collaboration with The Crash Crew (Rohan Bridge, David Creed             and Kristine Dragland), Melbourne (AU)
2009 When you are around, in collaboration with Peter B. Booth, 99 Melbourne st, Brisbane (AU)
Point of No Return, with The Crash Crew, Flipbook Gallery, Brisbane (AU)
ILikeit, Flipbook Gallery, Brisbane (AU)
Pow, with The Crash Crew, Accidental Annie Street, Brisbane (AU)
100 Years, Kunstnerforbundet, Oslo (NO)
Avgangsutstillingen Kunstakademiet, Stenersen Museum, Oslo (NO)
23 Degrees, with The Crash Crew, Woolloongabba Art Gallery, Brisbane (AU)
2008 Carnivale Illuminata, Woodford Folk Festival, Woodford (AU)
The Gas Show, with The Crash Crew, Dell Gallery, Brisbane (AU)
Shared Sounds, with The Crash Crew, Bundaberg (AU)
2007 Object, Attack!!, with The Crash Crew, Metro Arts Gallery, Brisbane (AU)
Everything Must Go, with The Crash Crew, Raw Space Gallery, Brisbane (AU)
2006 The Harries: National Digital Art Awards, The Block QUT, Brisbane (AU)
2005 Chimera, Queensland College of Art, QCA, Brisbane (AU)
Memoryscape, with The Crash Crew, Brisbane Powerhouse, Brisbane (AUS)

 


 

booth-image

 

PETER BOOTH                                    www.peterbooth.net

Industrigata 31D, 0357 Oslo, Norway

Born in Melbourne (AUS), 1973

SOLO EXHIBITIONS
2015    Learning to play, NoPlace, Oslo, Norway
2013    Brain Faze (with Kristine Dragland), Raid Projects, Los Angeles, USA
2012    How to stop time, Galleri Maria Veie, Oslo, Norway
2012    Supporter, The Wandering Room, Brisbane, Australia
2010    Closed for renovation, Galleri Maria Veie, Oslo, Norway
2010    Made it, Ryan Renshaw Gallery, Brisbane, Australia
2007     This plus that equals nothing, Ryan Renshaw Gallery, Brisbane, Australia

SELECTED GROUP EXHIBITIONS
2017 – Joint exhibition with Kristine Dragland (upcoming), TAV Gallery, Tokyo, Japan
2015     Joint exhibition with Kristine Dragland, Fusetsu Gallery, Kofu, Japan
2015    Open Video, Space 4235, Genova, Italy
2014    Tools of the Trade, The Wandering Room at Brisbane Artist Run Initiatives     (BARI) Festival, Brisbane, Australia
2014    Super Summer Salon, Demon’s Mouth, Oslo, Norway
2012    The Wandering Room at Brisbane Artist Run Initiatives (BARI) Festival, Austalia
2012    Apocalyptic bliss, Galleri Maria Veie, Oslo, Norway
2011    1 Lived Vermillion lives, MFAPS, Oslo, Norway
2009    When you´re around (collaboration with K. Dragland), Raw Space, Brisbane, AU
2009     The point of no return, Flipbook Gallery, Brisbane, Australia
2009     Ilikeit, Flipbook Gallery, Brisbane, Australia
2009    Exhalt, Galleri Maria Veie, Oslo, Norway
2009    One hundred years, Kunstnerforbunet, Oslo, Norway
2009    Avgangsutstillingen 2009, Stenersen Museum, Oslo, Norway
2008    One night only, Kunstakadamiet i Oslo, Norway
2008      Boom Bust, Galleries 21.24 and 21.25, Oslo, Norway
2006      One night only, Ryan Renshaw Gallery, Brisbane, Australia
2006      Fresh cut, Institute of Modern Art (IMA), Brisbane, Australia
2005      Thiess art prize 2005, finalist, Dell Gallery, Brisbane, Australia

OTHER PROJECTS
2014    co-curated and produced Karaoke Nights, Demon’s Mouth, Oslo, Norway

 

開催概要

 

名称 : Kristine Dragland & Peter Booth 「Walking to walk」[ 1/13(Fri) – 1/23(mon) ]
会期 : 2017年1月13日(金)- 1月23日(月)
会場 : TAV GALLERY(東京都杉並区阿佐谷北1-31-2)[03-3330-6881]
時間 : 13:00 – 20:00
休廊 : 水曜、木曜

Opening Party : 2017年1月13日(金)18:00 – 20:00


Title : Walking to walk
Period : Jan.13-Jan.23 2017
Venue : TAV GALLERY
Time   : 1- 8 pm
Rest    : Jan 18 , 19
Artist : Kristine Dragland & Peter Booth

Opening reception: Friday, January 13 , 6 – 8 pm

 

 

本展に寄せて

 

 

音楽の彫刻――クリスティン・ドラグランドとピーター・ブースの紐帯

飯盛 希

 

 

クリスティン・ドラグランドとピーター・ブースは、オーストラリアの大学で出会い、卒業後、ともにノルウェーへ転居し、やはり同じ大学で修士号を取得した。ドラグランドが、感性学的あるいは心理学的なアプローチを採ってきた一方、ブースは、芸術の社会的な位相について関心を寄せてきた。各々の制作方法は理念的に異なっていたものの、二人は、音楽に対する共通の興味に依拠し、共同制作を開始した。ただし、音楽への態度も、やはり、その感覚への作用に着目するドラグランドが、いわば主観的であるのに対し、その構造ないし制度に注目するブースは、むしろ客観的であり、相違する。

 

二人にとって共同制作は、なんらかの手段であるというよりは、それ自体が目的であり、もしくは共存のための方便であると言って好い。というのも、二人の対照的な方途は、弁証法的に抽象化される必要があるが、他ならぬ現象としての音楽という観念に媒介されることによって統一されるのである。つまり、二人の制作において、美術作品は、けっして静的なものでなく、ようやく鑑賞者の参加によって完成するのであり、むしろ人間関係を要求するのである。たとえば、楽器は、ある意味で、ひとつのオブジェに他ならないが、それと同時に、音を奏で、人びとの交歓の場処としても機能する。

 

ドラグランドとブースは、――いみじくも、手段と目的が互換的であることを示す展覧会タイトルだが――「Walking to walk」において、彫刻の要素を採りいれながら、全体としても、ある種の彫刻と呼べるような形式の作品を発表するだろう。

 

今日、すくなくとも日本語で彫刻と言われる条件は、演繹的に弁別されるものでなく、そのつど帰納的に定立されるものである。その外延は、かつてモダニズムの美学によって解析的に分類されてしまったが、すでに近代から、何人かの木彫家たち――たとえば平櫛田中、米原雲海、橋本平八、高村光太郎――によって、くり返し脱構築され、総合されてきたし、現代においても――たとえば冨井大裕の「今日の彫刻」のように――拡張されつづけている。

 

二人の共同制作には、互いに別々のしかたで存在するものを、作品をとおして関係づけるための理論が通底している。そのような審級において、彫刻は音楽の形式でありうるし、まさしくアド・ホックに、自らや、あるいは鑑賞者、そして芸術の諸形式を共存させるための紐帯であると言える。

 


 

Sculpture of Music: The Relationship between Kristine Dragland and Peter Booth

 

ISAKARI Mare

 

The collaboration between Kristine Dragland and Peter Booth is the methodology of coexistence. The two have been partners for more than 10 years, but their artistic approaches are thematically different from each other: Kristine is interested in aesthetic or psychological problems, while Peter focuses on the social function of art. Therefore, they work together on the basis of their common concern about music.

 

A musical instrument is none other than a static object in itself. Whether it performs or not, however, music can hardly be realized without an audience. For the two, some kind of sculpture is also completed in the relationship with the viewer. Kristine and Peter are going to exhibit an art work composed of some sculptures and other elements, which is in the form of sculpture as a whole. By means of sculpture, the extension of which has been increasingly broader, they try to link themselves or others together.

 

 

参考画像

 

booth

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-2-29-54

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-16-47-04

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-2-31-23